225先物 情報局

225先物

日経先物とは?

225先物について記載しています。225とは日経平均株価のことで日経225とも呼ばれています。これは日本経済新聞社が選んだ日本の主だった大企業225社の株価を平均して計算した株価指数のことで、日本経済新聞社の社名と選出された225社にちなんで名づけられました。株式指数の種類は日経225の他にもTOPIX、マザーズなどが有名です。

先物取引とは「金融商品」を「将来に定められた期日(満期日)」に「現時点で取り決められた価格」で売買することを「約束する」取引のことを言います。先物取引の場合は前もって取引価格を決めておくことで「価格変動」に対するリスクを軽減するという意味合いがあります。日本で昔から行われていた先物取引の代表は「米」でした。

米は天候によって収穫高が左右されるので前もって取引価格を決めておき、収穫後売買されていたのです。225先物の場合は米ではなく、日経平均株価指数(225指数)を売買します。とはいっても指数はあくまで数字なので直接これを売買するわけではありません。もし直接売買するとするならそれは株式となりますが、225指数に選ばれている会社の株券などは個人投資家がおいそれと手が出せるシロモノではありません。

ですので、証券会社を介して株価指数をあたかも株式取引をするかのような感覚で売買するデリバティブ取引となります。つまり、証券会社に口座を開き、バーチャルな市場で株式を売買するような感覚で株価指数を基に差金決済するということになります。

したがって自分の口座から損益金だけが増減するのですが株券が自分の手元に残るわけではありません。これは少ない証拠金で大きなレバレッジを掛けることで大口の取引と同等の売買が出来るのが特徴ですが、ハイリスク、ハイリターンな為しっかりとリスクマネジメントとケアを行うことが重要となります。

バブル経済が崩壊後、慢性的な超低金利時代へと突入してしまった日本では預貯金の利息だけで資産運用するのが困難になりました。したがってこのような個人向けの金融商品を利用して少しでも資産が増えるようにこのサイトを利用していただければ幸いです。

自分自身で運用したい方は、FXや株の情報サイトを参考にしてください。FXを今から始めたい方は → FX初心者サイト

225先物

取引について

取扱会社比較

応用編

投資コトバあれこれ

Copyright (C) 225先物 情報局 All Rights Reserved